ベトナムの医師募集

医師の海外転職も盛んになっているのが、現在の状況ですが、その中でも、ベトナムの求人事情をここでは紹介していきましょう。まず覚えていて欲しいことは、ベトナムの日常というものは、日本にいる私達とさほど変わりがないように見えるものの、基本的には、社会主義国であるということを忘れてはならないということです。まったく違った考えのある国であるということを、忘れてはいけません。

またベトナム人の気質というものも、覚えておく必要があります。同じアジア圏であっても中国やタイなどとは違い、素直で真面目。さらには勤勉な仕事に対しての取り組みをすることができるのがベトナム人です。またチームワークを重んずる文化を持っているので、同じアジア圏の中でも、日本人に近い気質の人間が多いため、同じ職場で働くとなった場合には、参考にしておきましょう。

そして注意をすることは、言語ですね。公用語はもちろんベトナム語ではありますが、中国語を話す人間も多いですし、英語やフランス語を使っている人間も多いという状況です。ツアーガイドなどであれば、ロシア語であったり、日本語を使える方も大勢にいらっしゃいますから、ベトナム語や英語を中心として、多種多様な言語を学ぶ姿勢というものが必要になってくるのではないでしょうか。医師は患者を選ぶことは不可能ですから、どんな人間が来ても対応できる準備というものは、必要になってくる要素と言えるでしょう。

医師の募集が多く見られるのは、ハノイの中心部です。このエリアは、各国の大使館が多く乱立しているエリアとして知られ、外資系クリニックが多くあるエリアになります。当然に日系の医療施設も多く存在していることから、ここであれば、日本人医師の需要も高いということが言えるでしょう。

またベトナムの医療事情としては、地方と都市部での医療環境が大きく異なっているという傾向が見られます。地域格差というものが大きく、年々に拡大している状況です。効率と私立でも医療環境が異なっているという状況が見られることから、こういった事情を把握しておくことは、非常に大切なものになってきます。ハノイやホーチミンであれば、日本とも遜色ないような近代的な医療設備を整えている医療機関が存在しますが、地方であれば、かなり遅れている状況と言わざるを得ません。またベトナムという国において、医師の転職を目指すのであれば、産婦人科が圧倒的に有利です。こういった事情を転職支援サイトなどに登録し、確認をすることが転職成功の秘訣なのです。

小児科の医師求人 日本小児科学会、小児科医求人情報

Copyright (C) 2007-2014 ドバイの医師募集. All Rights Reserved.