ハワイの医師募集

多くの日本人が大好きなエリアがハワイでしょう。老後のロングステイなどの場としても、とても人気があるエリアですし、日本の年間渡航者数は、120万人以上とも言われています。事実として、ハワイへ渡り、医師として活動していきたいと思っている日本人医師の方も大勢にいらっしゃることでしょう。ここでは、ハワイへの医師転職について紹介していきましょう。

ハワイはご存知のとおり、アメリカ合衆国のひとつの州になります。ですから、基本的に、アメリカ本国で医師活動をする際と、同様の方法で活動をしていかなければ、ハワイへの医師転職を実現させることはできません。つまりアメリカにおいて、1年から2年の臨床研修が必要であり、ハワイで開業するとなれば、永住権の取得が必要になってくるということです。

臨床研修をするためにも、定められている試験に合格するというのが、前提条件になっています。研究留学などのためであれば、留学先の確保さえできていれば、特別な試験などは、必要ありません。アメリカの医科大学を卒業すれば、MDと呼ばれる資格とDOという称号を取得することができます。その上で開業をするためには、USMLEのStep3に合格する必要が出てくるということを覚えておきましょう。ただし、ハワイを代表として、アメリカの医科大学のレベルは相当に高く、日本の大学院レベルに相当しますから、なかなかに険しい道と言えるでしょう。

また特徴としては、臨床医よりも、研究職の方が、転職成功を比較的簡単に実現させやすいという傾向が見られています。日本での実績がある程度にある場合、何気に優遇してくれるという面も見られます。実際にハワイというエリアでは、日本人の需要というものがさまざまにあり、そこで開業をしている日本人医師も大勢に存在しているというのが事実です。そういった点で見てみると、アメリカ本国よりも、ハワイ州での日本人医師の転職は、比較的に簡単と言えるかもしれません。

さまざまな転職方法があり、開業するのか、ハワイの医療機関において転職を希望するのか。またハワイの大規模病院を目指すのか、日本人医師が開業しているクリニックなどで世話になるのか。さまざまな事情によって、最短の道は用意されているはずですから、転職支援サイトを利用して、情報を収集しましょう。海外転職にも強い、リクルートドクターズキャリアなどの大きなサイトなどが特にオススメです。日本国内の転職と海外では、さまざまな違いがありますからね。

医師求人沖縄 ゆいまーるプロジェクト|沖縄の医師募集

Copyright (C) 2007-2014 ドバイの医師募集. All Rights Reserved.