ドバイの医師募集

現在日系企業を始めとして、各局の企業が進出しているエリアが、アラブ首長国連邦を構成している首長国のひとつであるドバイです。ドバイは、中東エリア屈指の世界都市であり、金融センターでもあることから、多くの日本人がこのドバイに進出している中、ドバイで開業している日本人医師は、たった一人という状況にあります。ちなみに歯科医師が2名のみという状況です。日本人医師の需要もこれから高くなることが予測できるため、これからは狙い目の海外転職先ということが言えるでしょう。

ドバイがなぜに海外転職先として、これからの注目株なのかといえば、日本での医師・歯科医師資格というものを十分に活用することができるからです。ドバイの医療ライセンスは、ドバイ首長国全土で使用することができるDHAライセンスと、ドバイに存在している医療特区内でしか使用することができないDHCCというライセンスの2つが存在します。現在では、このライセンス取得をサポートしている企業も存在し、150万円程度の資金で、ライセンスを取得することが可能です。

公用語はアラビア語になるわけですが、英語が共通語として使用されているため、英語のスキルがある程度あれば、十分に転職を目指すことは可能ではないでしょうか。日本の医療機関との大きな違いというのは、祝日の多さではないでしょうか。ドバイの宗教がイスラムということもあり、年間にさまざまな祝祭日が存在しているのです。その大きな特徴としては、ラマダンと呼ばれている断食明けに休暇があるということですね。毎年ずれがありますが、7月後半から8月前半の1ヶ月間は断食を行い、その後に休暇があるという特徴があります。

こういったさまざまな違いというものを視野にいれて、ドバイでの海外転職を考えていきましょう。まったく日本人医師の進出というものが、盛んではない国ですから、まずは情報を収集することが何よりも大切です。アメリカやオーストラリア、またイギリスなどの欧州圏などの医師転職であれば、前例がたくさんあるために、情報も豊富ですが、ドバイを代表とする中東系の情報は、驚く程に少ないはずです。

さまざまな情報を収集しつつ、ライセンス取得方法も含め、リクルートドクターズキャリアなどの代表とする海外転職にも強い転職支援サービスサイトを利用することが、何よりもベストな選択だと言えるでしょう。こういった日本人未開の土地での転職は、何よりも大きな成功が巡ってくるチャンスと言えるでしょうからね。

※漢方医の求人を探せる!オススメサイトをご紹介

Copyright (C) 2007-2014 ドバイの医師募集. All Rights Reserved.